カプログ

IT企業でSEOプランナーなどをしながら、カメラマン、クリエイターもしている古着とカフェが好きなボクのブログです。主にガジェットやカメラ、ライフハック系の記事を書いているのでぜひ読んでみてください。

無料のはてなブログでも収益化ができている話|アマゾンアソシエイトの恩恵

f:id:bokunarino:20180515204945j:image

 

はてなブログを無料版で使っていますが、アマゾンアソシエイトの恩恵を受けて収益化に成功しておりますボクです。

 

僕自身、スタートアップのメディア会社でライター・エディター経験が1年ほどあり、ある程度のノウハウは持っているのですが、コツを掴めば多くの人ができるようになるので、今回は導入的な部分のお話をします。

 

この記事では、とくに無料ブログでの収益化に焦点を当て、僕が無料ブログを選んだ理由、無料ブログでもASP(←後で簡単に説明します)を選べば収益化できるということを紹介するので、ぜひ参考にしてくれたら嬉しいです。

 

また、もっと知りたいからオシエヨ!という方がいれば、気軽にお問い合わせのところから連絡をください。そして、役に立ったとか、応援したいっていう気持ちが少しでも湧いてきたら、Amazonで注文するときに下の検索窓を使ってくれたら嬉しいです。

 

使って欲しい検索窓⇩ 

 

はてなブログ」を選んだ理由

それではここからが本題ですが、そもそもなぜ「はてなブログ」の「無料版」を選んだかについて書きます。まずは、はてなブログを選んだ理由から。

 

比較対象として、他にもアメーバブログや、楽天ブログなどの有名なブログサービスや、WordPressを代表とするCMSと呼ばれるシステムなどが多々ありますが、その中で「はてなブログ」を選んだのには理由があります。

 

端的に言うと「既にあるコミュニティの強さ」に尽きます。

 

はてなブログでは、ホッテントリと呼ばれる機能があり、このはてな独自の機能によって流入数を大きく伸ばすことができます。

 

また、はてぶと呼ばれるブックマーク機能もあり、この機能によって多くの閲覧に繋がります。はてブが付くことによりニュースサイトに載ることなどもあり、当ブログは3回掲載され大きくPV数を伸ばしました。

 

これらの機能は、はてな独自のものなので選んだ理由としてはこれが大きかったです。また、しっかりとこのメリットの恩恵も受けることができたので、選んでよかったと思うし、読者の皆様はいつもありがとうございます。

 

はてなブログの「無料版」を選んだ理由

 

次は、はてなブログのなかでも、Proという有料版とデフォルトで使える無料版の2つがある中で、なぜ無料版を選んだかについて書きます。 

 

無料版を選んだ理由も明確で、

①お金がかからないから(←単純明快だけど大事)

②Proには多くのメリットがあるが、ドメインパワーは無料に利がある

という2点です。

 

お金がかからないというのは地味に大事なことで、個人でやっていく際にはランコストは最低限に抑えた方がよいと考えています。

 

スモールスタートで余計な費用がかからないと継続が苦じゃないので、「有料でなければモチベーションを保てない!」とか、「有料のメリットは重々理解しており、コストに対して得るものがある」という判断ができない場合は、無料版の方がベターなことが多いでしょう。

 

また、先述の通りProで独自ドメイン化することで、元々はてなブログが持っているドメインパワーは下がってしまうことは覚えておいたほうが良いです。このへんの知識はスヤマタクジさんのブログ記事で詳しく説明されています。

 

また、制限はありますが、プラグインではなくサイトでも検索できるので、自分のブログのドメインパワーを知りたい方は、「Moz」で検索してみてください。

 

 

 無料ブログで収益化(アマゾンアソシエイトを利用)

ここからもう1つのテーマである、無料ブログの収益化について書きます。「無料なのにお金がもらえるなんて怖くない????」って気持ちはまるっとわかりますが、結論から言うと可能です。そうAmazonならね...

 

ざっくり説明すると、Amazonの取り扱い商品をブログとかで紹介して、それを見に来た人が買ってくれたらAmazonから「ありがと!」ってお小遣いがもらえる感じです。

 

なのでとりあえず、①はてなで無料ブログを立ち上げて、②Amazonアソシエイトに登録してから、③ブログで紹介する、という3ステップを踏むだけで収益化の構造は作れます。

 

このようなサービスはASPアフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれており、他にも国内でも非常に有名な老舗のA8や、ユーザーからの満足度が高いafbなどもおすすめです。

 

ここまで理解できたら、「やらない理由あんの???」って思う方が多いと思いますが、僕は時間さえあれば損はないんじゃないかな?って気持ちでいっぱいです。

 

ただし、みんな気づいたらこう思うので競合がたくさんいるというのが現状。そこで差別化を図るためにSEO施策だ、コンテンツの整備だという大変な話になってくるわけなので、とりあえず試してみたい人はぜひ始めてみてください。

 

そして始めてみたけど運用方法で悩んだり、既にやってみたけど上手くいかない人は気軽にコンタクトください。あと、気が向いたら上に貼ったのと同じ検索窓を下に貼るので、ブックマークとか画面追加して使ってくれたら嬉しいです。

 

 

あとAmazonのアプリの追加がまだな人は、便利なのでぜひインストールしてみてください。