カプログ

IT企業でSEOプランナーなどをしながら、カメラマン、クリエイターもしている古着とカフェが好きなボクのブログです。主にガジェットやカメラ、ライフハック系の記事を書いているのでぜひ読んでみてください。

1いいねが1円に!?新感覚のSNSアプリ「ポップル(Poplle)」とは?

ポップル(Poplle)のアプリの写真

 

2019年2月26日、1いいねを1円で換算してくれる新しいSNS「ポップル(Poplle)」が登場しました。ポップルは、いいねをお金にしてくれるという新しい発想のSNSです。

 

写真を投稿するという点ではInstagramと同じといえますが、いいねをお金に変えるという点では他のSNSとは異なります。

 

今回は株式会社リクボの新サービス「ポップル」について、特徴や登録方法も書いていくので、ぜひ気になっている方は読んでみてください。

 

 

ポップル(Poplle)とは

ポップルに投稿した際の画面スクショ

ポップルに投稿した際の画面スクショ

ポップルとは、1いいねを1円に変えることができ、500いいね(500円)貯まると現金化できる新しい写真投稿型のSNSです。

 

自分がいいねをもらったときだけでなく、いいねをしたときにも1円を貰うことができるので、投稿が苦手という人も楽しめるアプリです。

 

Instagramに投稿する感覚で写真を投稿するだけでお小遣い稼ぎができるので、現在は若年層と主婦層などを中心に普及している印象があります。(3/2現在)

 

ポップル(Poplle)の特徴と制限

ポップルにて美女の投稿にいいねをしようとするも制限にかかってしまった図

ポップルにて美女の投稿にいいねをしようとするも制限にかかってしまった図

アプリとしてのポップルの特徴は、投稿やいいねの数に制限があることです。1日に投稿できる回数は5回、また、いいねができる回数は30回となっています。


これは0時にリセットされますが、1いいね1円なので連投して荒稼ぎする人を抑制するための処置といえるでしょう。

 

しかし、自分で投稿しなくても1日30円分のいいねを行うことができるので、たったの17日間毎日上限の30いいねを続けることで、換金できるようになる500円(いいね)に到達することができます。

 

運営会社のリクポについて

ポップルに寄せられた口コミのスクリーンショット画像

ポップルに寄せられた口コミ

ここまで簡単にお小遣い稼ぎができるとなると、「なんだか怪しいのでは…?」と思ってしまう人も多いでしょう。実際、登録はSMSを使って行うので、個人情報などの取扱も気になるところ。

 

しかし、運営している会社は日本初の検索がいらないサロン予約アプリ「requpo(リクポ)」などの新サービスを生み出している株式会社リクポなので、心配はいらないと思います。

 

メディアの掲載も多数あり、2018年11月には自撮りが売れるSNS「selmee(セルミー)」などもローンチしているので、この度のポップルはセルミーの参入障壁を少しさげたサービスと位置づけることができます。

 

アプリのダウンロードと登録方法

ポップルに登録する際の画面のスクリーンショット

ポップルに登録する際の画面のスクリーンショット

アプリのダウンロードは簡単で、通常のアプリと同様appストアからダウンロードするだけです。(下に各URLを貼っておいたので、そこから飛べます)

 

iOSでポップルをダウンロードする

Androidでポップルをダウンロードする

 

登録の方法も簡単で、まずは電話番号を入力し、届いたSMSに記載してある番号を入力して認証し、名前やIDの設定をするだけですぐに始められます。

 

ちなみに僕は「@ryota2019」というなんの捻りもないユーザー名でやっているので、登録したらぜひ冷やかしにきてください。

 

ポップル(Poplle)のまとめ

いいねをすることでポイントを得ているスクリーンショット

いいねをすることでポイントを得ているスクリーンショット

今回はポップルの概要や特徴、運営会社、アプリのダウンロードと登録方法について簡単に紹介しました。

 

ポップルは、2019年2月26日にローンチされた、1いいねを1円で換算してくれる新しいSNSですが、今後の展開に注目していきたいです。

 

投稿をせずとも17日間いいねを30回繰り返すことで換金可能な500円に到達するので、ぜひスマホSNSを楽しみながら、副次的にお小遣いも稼いでみたいという人はチェックしてみてくださいね。