カプログ

IT企業でSEOプランナーなどをしながら、カメラマン、クリエイターもしている古着とカフェが好きなボクのブログです。主にガジェットやカメラ、ライフハック系の記事を書いているのでぜひ読んでみてください。

六本木にできた「文喫」は本好きの天国|入場料1500円で至福の読書時間を


六本木に昨年末できた「文喫(ぶんきつ)」に行ったところ、予想を遥かに上回る快適な空間だったので、アクセス方法や混雑状況など、気になる文喫の情報について紹介します。

 

中でも、文喫がほかの書店やブックカフェと異なるのは入場料金が1500円かかるところ。しかし、読書好きであればお値段以上の時間を過ごせるので、気になっている人にはぜひおすすめです。

 

今回は、2018年12月11日に青山ブックセンター六本木の跡地にできた「文化を喫する」ための新しい書店の姿「文喫」について、実際に行ってみて思った感想を写真を交えて紹介します。

 

 

文喫へのアクセス

文喫のエントランスにある看板

文喫のエントランスにある看板


いざ「文喫に行こう」と思っても場所が曖昧だなぁという人は多いでしょう。青山ブックセンター六本木時代から知っている人であれば迷わずに行けますが、今回初めて行く人からすると「何番出口が近いのかな?」と疑問に思うこと請け合いです。

 

六本木」は、大江戸線を含めさまざまな線が通っているのですが、今回はまず実際に使った大江戸線からのアクセスを紹介します。

 

大江戸線の場合「3番出口」から出ましょう。そして大きな通りを六本木ヒルズに向かって歩いていけば途中で左手に文喫が見えてきます。(看板が大きいのですぐに気付けます)

 

文喫の特徴やシステムとは

文喫のエントランスに雑誌がたくさん置かれている様子

文喫のエントランスにはたくさんの雑誌が並ぶ

文喫は、書店という形態ながら入場料があるのが特徴です。まずはエントランスで入場料を払ってから中に入って行くのですが、順番待ちのときは番号札をもらいます。

 

僕らが行ったのは日曜日のお昼というもっとも混み合う時間帯だったので約1時間ぐらい待ちましたが、待っている時間もエントランスにある雑誌は読めたので、ゆっくりと待つことができました。

 

順番が来ると専用のバッチが貸与され、そのバッチをつけし者のみが有料コーナーの奥へと足を踏み入れることができます。(ちなみに店内にはWi-Fiが飛んでいるのですが、パスワードはこのバッチの裏に記載されています。)

 

文喫バッチの写真

選ばれし者に貸与される文喫バッチ

文喫にある5つのスペースの区分について

文喫の見取り図

文喫の見取り図

文喫は、大きく分けて5つのスペースから成り立っています。

  1. 選書室
  2. 閲覧室
  3. 研究室
  4. 喫茶室
  5. 展示室

という上記の5つなのですが、それぞれ特徴があります。

選書室では、その名の通り本を選び、そこで選んだ本を閲覧室や研究室で読むというのが嗜み方です。

喫茶室では、珈琲やハヤシライスなどの飲食が可能で、展示室では定期的に展示が行われています。

文喫では珈琲とお茶が飲み放題

初恋ピンクというチャーミングな色の特製カップ

初恋ピンクというチャーミングな色の特製カップ

また、文喫は入場料がかかるかわりに、珈琲とお茶が飲み放題です。無料のコーヒーには(2つの意味で)苦い思い出しかないのですが、ここのコーヒーはとても好みの味でした。

 

コーヒーカップの色が可愛いなと思って呟いたところ、「このカップの色は初恋ピンクと言って、文喫のコンセプトである【本に恋に落ちる】にちなんだ色なんですよ!」と店員さんが教えてくれました。

 

嬉しそうに語る店員さんに恋に落ちそうでしたが、グッと堪えて珈琲を飲む、こんなところにも初恋ピンクたる所以が隠されていました。

 

取り扱っている本のジャンルが幅広い

店内の様子

店内の様子

文喫は1階と2階に分かれているのですが、本は主に1階にあります。「文化を喫する」と銘打つだけあって、多岐に渡る蔵書があり興奮しました。

 

世界史や文学史のみならず、ピカソフェルメールなどの画集があったり、終いには英米文学の取扱もあったのは個人的に嬉しかったです。

 

ガリバー旅行記のちゃんとしたやつを本屋で見るのは珍しい気がして、文学部時代の血が騒ぎました。

文学部を卒業した25歳男性の写真

文学部時代の血が騒いでいる様子

 

あと、2階は少し省スペースではありますが、奥には建築関係の書籍や、デザイン、絵本など、カルチャー色が強い印象を受けました。

 

文喫2階席の内装の写真

2階は個人の席に電源がある

横一列に並ぶ昔ながらの読書灯

横一列に並ぶ昔ながらの読書灯

文喫のまとめ

文喫で行われている展示第1弾の様子

文喫で行われている展示第1弾の様子

 

文喫は入場料1500円がかかる書店ですが、代わりに

  • 気が済むまで本が読み放題
  • 珈琲とお茶も飲み放題
  • 蔵書のレパートリーが広いので老若男女楽しめる

などのメリットが挙げられます。小さな書店ではなかなかお目にかかれないような本も読むことができ、静かな空間で読書を楽しむことができるので、お値段以上の価値があると感じました。

 

また、この度は仲良しの友人と一緒に訪れたのですが、お互いの好きな本をおすすめし合う読書デートなどを嗜むのも一興でしょう。

 

待ち時間でいうと、ほぼディズニーランドのアトラクションにも引けをとらないので、その点も含めて楽しめる人にはぜひおすすめしたい空間でした。

 

文喫の2階で撮影した女性の写真

文喫の2階で撮影したなおちゃん

エントランスに置かれていた本の写真

エントランスに置かれていた本

 

文喫 BUNKITSU | 本と出会うための本屋。

  • 開店:2018年12月11日
  • 営業時間:9:00~23:00(LO.22:30)
  • 入場料:1500円(税込1620円)
  • 最寄駅:六本木(大江戸線:3番出口)
  • 休日:不定
  • 席数:90席
  • Wifi:有り
  • コンセント:有り

www.instagram.com