カプログ

17新卒のボクによる写真の日記。ぼちぼちおすすめのカメラとかも紹介します。

2017年にたくさん読んでもらえた記事5選

f:id:bokunarino:20180113105202j:image

 

2017年、大した記事も書かずにしゅくしゅくとSEO改善だけ行ったところ、地道にPV数を伸ばすことに成功し、過去最高に近い利益を生み出せましたカプログです。

 

色々なことは次回更新予定の2018年が始まっての抱負やら何やらに書くとして、今日は去年読んでもらえた記事TOP5を紹介します。

 

内容をカメラに絞っているところなので、必然的にカメラの記事が多いのですが、これはドミナント戦略(←わからない人はパパに聞いてね)の一貫という位置付けから読んでいただけたら幸いです。 

 

1位:ムソンの「MC2」というアクションカメラがある生活

2位の記事と2倍近くのPV差をつけて閲覧1位となったのは、MC2ことムソンについての記事です。

 

この記事はGoogleで[ムソン]と検索したときに、Amazonの商品紹介の下に位置しているので、記事の中では1位にある状態です。

 

ムソン自体は月間検索ボリュームが1000以上あり、最近地味に伸びていて先月は1900ぐらいになっていたスモールワードですが、ニッチな分CVRが非常に高いのが特徴でした。

 

っていうマーケの触れみたいな感じになってしまいましたが、はてなSSL対応した暁にはIT全般の知識についてのサイトを作ろうと思っているので、公式の対応はよ…?笑

 

caplog.hatenablog.jp

 

 

2位:Gudak Camと似ているHuji Camもおすすめ|簡単にフィルム風の写真が撮れる!

 

これは思いっきり逆張りして成功してバズった記事です。SEOのいろはを覚え始め、いよいよ自分でも戦略を練れるようになったので、とりあえずしっかり書こうと思って書きました。

 

このときのトレンドは、この記事内でも紹介している競合アプリだったのですが、Hujicamの方はノーマークながら絶対当たるという確信があったので、速攻で記事にしました。

 

その時点でかなりイニシアティブを取れていたので必然的に検索上位にあがり、取りあげられてかなり反響がありました。

 

中でも驚いたのは、たまたま会った人がこの記事を読んでHujicamをインストールしてくれていたことで、ま、まじかってなったことです。

caplog.hatenablog.jp

 

 

3.初めてのカメラにオススメ『SONY RX100』:一眼のサブ機として現役活躍中!

 

続いて3位もカメラ関係で、この機種は僕が初めて買った思い入れのあるRX100というカメラについての記事です。

 

未だに使用することは多々あり、そろそろ買ってから3年経ちますが、まだまだ現役で活躍してくれています。

 

とくに動画の撮影となると現状はこれ一択なのかなというぐらい信頼を置いています。こいつのせいで僕は今Sonyα7iiが欲しいです…

 

caplog.hatenablog.jp

 

4.僕が初めての一眼レフカメラに選んだ『Canon EOS 5D』という機種について

 

これも根強い人気を誇っていて嬉しい限りです。とりあえずフルサイズを使いたいってなったときにその時点で唯一の選択肢として残ったのがこの機種でした。

 

たまたま田舎の古着屋に行ったら併設していた中古カメラのお店を見つけ、そこに鎮座していたのが彼でした。

 

今はこいつに友人から貰ったオールドレンズをつけて撮ることが多いのですが、新しいものだけが正解ではないということを教えてくれる、僕にとっては特別な1台です。

 

caplog.hatenablog.jp

 

5.ムソンMC2というアクションカメラの作例と動画

 

これは意外でしたが、こういう自分の予想と反するところなどがわかるので、解析ツールは必須だなって思います。(通常はGAだけで十分だと思いますが、入れてない人は入れておくのがおすすめ)

 

この記事は1位のムソン記事の作例特化版として書いたもので、冷静に考えると統合してリダイレクトすべき記事ですが、なんかいいかなって思って置いておいてます。こういうゆるさが許されるのが個人ブログの特権だと思っています。

 

タイトル通り何枚かムソンで撮ってきた作例があるので、興味のある人はぜひ覗いてみてください。

 

caplog.hatenablog.jp

 

まとめ

 

今回はサラッとよく読まれていた記事をまとめようと思ったのですが、少しだけ分析みたいな話も混じってしまいました。

 

しかし、ここまで読んでくれた物好きな方々とは今後も上手くやっていけそうなので、これからもよろしくお願いします。

 

2018年はもう少しちゃんと運用できるように頑張る予定なので、今年もよろしくお願いします。

 

次は2018年になったので、現状や今後の展望について書こうと思っています。気が向いたらまた読みに来てください。

 

フルギフェスに行こう|12月3日に東京で行われる古着のお祭り!

 f:id:bokunarino:20171202135555j:image

 

古着屋の店員をしている友だちから「フルギフェスに行こうよ!」と誘われ、フルギフェスという名前だけで行くことを即決した僕です。

 

当時は12月3日と聞いて、「まだまだだね」と思っていたんですが、いよいよその日が近づいてきたので紹介しようと思います。

 

常日頃から着ている服の9割が古着の僕としては、フルギフェスは行かねばならぬ約束の地(カナーン)です。

 

フルギフェスとは

 

名前からもわかるように古着の祭典なのですが、さまざまな人気ショップや個人の方が服を持ち寄って売るというシンプルなフェスです。

 

単純明解なのすごく好き。(SEO的にも良いと思います)

 

参加店舗は下北沢の古着屋を中心に、有名店ばかりが揃っているので、古着好きキッズたちはこぞるべきでしょう。

 

僕ももれなく参加予定なので、行くよって人はコメントなどでイクヨって書いておいてくれたら、そうかい、君も、か。って顔をして星を押します。

 

ちなみに当日は服だけでなく、飲食店も出店するようなので、腹ペコキッズにも嬉しいですね。

 

フルギフェスの開催日時とアクセス

 

さて、どんなフェスなのかは思い知ったと思うので、もう少し詳細を詰めていきましょう。

 

フルギフェスの開催日時はタイトルにあるように12月3日(日)です。時間は10:00〜17:00までと長くやっているので、この日の予定はほぼフルギフェスだけで埋めることも可能。(※最終入場は16:30です)

 

次に気になるアクセスですが、めちゃくちゃ微妙なところにあります笑 大井町競馬場前で降りればいいんですが、未開の地なのでわくわくが止まりません。

 

主なお店の紹介

 

ここでは、僕がよく行く3店舗について紹介しようと思います。

 

他にも多くのお店の出店があり、どれも魅力的なお店ばかりです。

 

数店舗聞いたことがないお店もあってそこは未知の領域だし、個人の出店もあるようなので、幅広い古着を楽しめそうです。

 

micmo

 

言わずとも知れた名店。北海道にいる頃から足繁く通っていたんですが、なんだかんだで1番買っているのは多分micmoです。

 

micmoについてざっくりと説明をすると、下北沢を中心に展開しており、北口から1番早く着ける古着屋さん。

 

最近では4号店までオープンしているところを見ると、経営は上手くいっているのだと思います。

 

店内には常に人が多く、解放的なのが特徴なので、個人経営の入ったら何か買わなきゃ出られない感が苦手な人にもおすすめ。

 

価格帯は非常にリーズナブルで、各店舗良いものがお安く買えるのが魅力です。

 

デザートスノー

  

デザートスノーは町田から拡大してきた古着屋さんで、ミクモ同様に下北沢にも店舗があります。

 

micmo同様に価格帯は抑えてありますが、気持ちデザートスノーの方が相場感は上です。

 

しかし、ビンテージとかの古着相場に慣れている人からするとかなりリーズナブル。

 

フロリダ

 

いやはや下北沢のお店多いな笑 って思うんですが、今回は結構下北よりの出店なのだと思います。

 

ただ、フロリダは下北沢以外にも出店しているお店が多いです。

 

ただ全体的にみると高円寺とか吉祥寺のお店は少ないような気がする、ってことはおいておいて、フロリダは青空市という50%オフのセールなどを行うヤバいお店です。

 

おわりに

 

さて、来たる日曜日の天気予報は晴れです。また、開催地は屋内なので、もし雨が降ってもなんのその。

 

ぜひともフルギフェスに行って、やいのやいのしながら冬服を調達しましょう。

 

今回僕も古着を身にまとい、古着屋で出会った古着お兄さんと一緒に回っているので、キノコ頭のポール・マッカトニーみたいなやつがいたらおそらく僕 or Notなので 、ぜひ確認してみてくださいね。

 

神宮外苑いちょう並木に行ってきました|いちょう並木祭りは11/17から!

f:id:bokunarino:20171113231042j:image

 

11月12日に、神宮外苑いちょう並木に行って写真を撮ってきたのですが、程よく見頃になっていたのでブログで紹介します。

 

しかも、本日11月17日からは「神宮外苑いちょう並木祭り」というお祭りもあるので、それについても触れようと思います。

 

今回は、撮影してきた写真とともに、アクセス情報なども一緒に紹介するので、これから見に行く人はぜひ参考にしてみてください。

 

いちょう並木へのアクセス方法

f:id:bokunarino:20171114024211j:image

いちょう並木の最寄り駅は外苑前なので、基本的には銀座線か半蔵門線がメインになると思います。(大江戸線を使うときは青山一丁目が最寄り)

 

青山一丁目からもアクセスしやすいですが、外苑前からだと徒歩5分もかからずに着くのでおすすめです。

 

また、外苑前からの最寄り出口はa4番出口なので、待ち合わせにはその出口を選ぶと良いと思います。

 

いちょう並木周辺のおすすめランチ

f:id:bokunarino:20171113233514j:image 

 

いちょう並木を見に行くのはお昼頃になると思うのですが、そこで気になるのが周辺でランチを食べられる場所。

 

いちょう並木の通りには2店舗ほどランチなどを楽しめるお店があるのですが、休日は人が多くて入ることができませんでした笑

 

そこで少し離れたところに行ってみると、待ち時間なしで入ることができたので、今回はそのお店を紹介します。

 

Honogarden(ハワイアンランチ)

f:id:bokunarino:20171117145304j:image 

Honogardenのランチメニューは、ハワイアンテイストな3つ(+新メニューが数種類)から選べ、どれも1000円ほどでした。

 

魚やアボカドなどが含まれているメニューが多いので、そういったものが苦手な人は気をつけましょう。

 

僕が食べたのはハワイアンポキなるものだったんですが、まぁポキポキでした。

 

 いちょう並木での写真

f:id:bokunarino:20171114012048j:image

 

今回は慶應卒のアフィリエイターである、なおちゃんの撮影がメインだったのですが、とてもいい感じに撮れました。

 

いちょうというか、なおちゃんの紹介ですが、アフィリエイターとしての活躍だけでなく、被写体もしてくれるという多彩っぷり。

 

しかも、撮影依頼はいつでもウエルカムなスタンスだと言っていたので、ぜひ彼女のTwitterをフォローしDMを送ってみては!?という煽り文句とともにTwitterアカウントをご紹介→なお@アフィリエイター (@naoroom772) | Twitter

 

 神宮外苑いちょう並木祭り

f:id:bokunarino:20171114012312j:image

 

さて、横構図でも可愛く決めてくれたなおちゃんの写真とともに、神宮外苑いちょう並木祭りについて紹介します。

 

開催期間は11月17(金)〜12月3日(日)の17日間、10:00~20:00までやっているとのことでした。入場は無料ながらさまざまな出店が出店する一大イベントのようです。

 

この期間中は、いちょう並木の1番の見頃といわれているので、僕もどこかで時間を見つけて参加したいと思います。

 

カメラ撮り比べ

Canon EOS5D

f:id:bokunarino:20171114012657j:image

 

今回はカメラを3台持って行ったのですが、1番多く使ったのはCanon EOS5Dでした。(ポートレートが多かったので)

 

50mm単焦点でも上手く使えば背景にいちょう並木が写り込むので、試してみてください。

 

Canon EOSkissx7  

f:id:bokunarino:20171114024303j:image

 

次に、良く使うお散歩カメラであるCanonのEOS kiss7Xに24mm単焦点を付けて撮ったいちょう並木も載せておきます。

 

ムソンMC2

f:id:bokunarino:20171114013245j:image

 

ムソンのMC2でも撮ったのですが、それぞれこんなに違うんだなぁと改めて思った次第です。

 

おわりに

 f:id:bokunarino:20171119004629j:image

 

さて、今回訪れた神宮外苑いちょう並木ですが、人が多いながらも楽しく撮れるし、さまざまな工夫ができるので、ぜひこの休日足を運んでみてはいかがでしょう。