カプログ

気ままな読み物

【レビュー】写ルンですのプレミアムキットを手に入れた

f:id:bokunarino:20171001104212j:image

 

フィルムの沼からこんにちは。この前頼んでいた写ルンですのプレミアムキットが無事に届いて嬉しいので記事にします。

 

写ルンですブームの時から少しずつフィルムでも撮り始め、ついに銀塩デビューもしたけれど、やはり操作性でいうと写ルンですの使いやすさったらないですね。

 

今回はそんな魅力に溢れる写ルンですのプレミアムキットの内容と作例を紹介します。デジカメとは違った良さがあるので、ぜひ読んでみてください。

 

プレミアムな内容

 f:id:bokunarino:20171001122323j:image

 

さて、最近はさまざまなキットやセットが発売されていますが、今回はついにプレミアムです。

 

プレミアムとかリミテッドって言葉には滅法弱いので、すぐさま買ってしまいました。

 

さて、そのプレミアムな内容とはいかに。

 

シリコンケースがついてくる

f:id:bokunarino:20171001122412j:image

 

正直これが今回の購入の決め手でした。皮のケースや自作ケースなども考えたんですが、「やはりシリコンだろう」と、何者かが脳内に直接語りかけてきたのです。

 

そして気づけば買っていた。

 

そんな嘘の逸話は捨て置き、シリコンケースの感想ですが、非常にグリップが安定します。

 

初代の写ルンですモチーフなところも好きだし、何より落下時の衝撃吸収も魅力的なので、ぜひ入手して欲しいです。(カメラは返ってこないけど、カバーは返ってきます、うれしい!) 

 

写ルンですが2個ついてくる

f:id:bokunarino:20171001122748j:image 

すごいですね。ハイエースではないですが、シンプルエースっていうISO感度400の方が2つ付いてきます。(27枚撮り)

 

個人的にはシンプルエース×1、ハイエース×1とかだと最高だとは思ったんですが、正直シンプルエースでも全然楽しいので満足です。

 

ちなみにハイエースの方はISO1600、つまり段位でいうと2段上なので、より手ブレがしづらいモデルとなります。(※難しい話はお父さんかGoogle先生に聞こう!もしくはゼウス)

 

おまけにカラビナ

f:id:bokunarino:20171001122857j:image

 

ちょっと地味なんですが、カラビナがあるとすっごく便利です。

 

しかも写ルンですバージョンのカラビナなので、色合いも文字も可愛いのがナイス。

 

写真のようにカバンの横とかの何らかの部分にこう、えい!ってやっておくといつでも撮れるし、しまわなくていいので便利です。

 

あとこの便利さに慣れてから、このカラビナがリールで伸びたら最強って思ったので、次の給料日には少しいい感じの伸びるカラビナを買おうと目論んでいます。

 

作例とまとめ

f:id:bokunarino:20171001123303j:image

 

今回はさらりと写ルンですプレミアムキットの概要を説明してみました。付属品としては

 

  1. シリコンケース
  2. 写ルンです(シンプルエース)2個
  3. 特性カラビナ

 

の3つです。中でもシリコンケースは優れもので、これからも写ルンですで撮り続けたいっていう人は持っていて損はないと思います。

 

可愛いだけでなく実用性も兼ね備えた、写ルンですプレミアムキットをぜひAmazonでチェックしてみてくださいね。