カプログ

17新卒のボクによる写真の日記。ぼちぼちおすすめのカメラとかも紹介します。

仙台のオススメカフェ「青山文庫」について

f:id:bokunarino:20170416123242j:image

 

 

仙台からこんにちは。今日も今日とて僕です。

 

会社の研修で仙台に来ているわけですが、土日は少しゆっくりできる時間を貰えたので、まったり観光しながらカフェの開拓に勤しんでいます。

 

そんなカフェ巡りのなか、偶然知り合ったおねーさんに教えてもらったカフェが今回紹介する「青山文庫」というカフェだったというわけです。

 

青山文庫(ランチ)

 

f:id:bokunarino:20170416132241j:image

 

このカフェは食事もコーヒーもお任せあれのカフェでして、僕は早速昨日に続き、今日のブランチとしても訪れていて、今そこからこの記事を書いています。

 

昨日は焼きカレーを食べたんですが、今日はお昼なのでシフォンケーキをチョイス。

 

キャラメルナッツ(480+税)を頼んだんですが、お値段以上(ニトリ)のクオリティにうっとりしています。

 

青山文庫(ディナー)

f:id:bokunarino:20170416134548j:image

 

夜はお酒とかお通しとかなしで、普通にご飯が食べれるのが個人的にとても嬉しかったです。

 

まだ初任給前で、なおかつ引っ越しの設備投資によりカラッカラのお財布を引っさげている僕にも優しいプライス設定でして、800円(+税)で夜食が食べられるのはありがたかったです。

 

そして焼きカレーが選択肢にあるのがなによりも素敵だと思いました。(ドリアとかもあったので今度食べたい)

  

まとめ

f:id:bokunarino:20170416163018j:image

 

仙台駅から出てすぐのアーケード街の2つ目に位置するという好立地ながら、なかなか見つけづらい隠れ家カフェ的な立ち位置のカフェですが、食事も飲み物も美味しいので、仙台に訪れた際はぜひ行ってみてください◎

 

ちなみに店内はブックカフェで、古いタイプライターなどの展示もあり、個人的にはどストライクなカフェでした。

 

昼も夜も人気なんですが、夜遅くになると本を読んでる人とかも多くて、かなり過ごしやすいカフェでした。

 

それでは今日は観光もほどほどに勉強して、明日からの本番に備えます!

新宿は豪雨ではなかった話

f:id:bokunarino:20170331013620j:image

 

こんばんは、

北海道から上京したてブロガーの僕です。

 

今日は終電くらいの時間に友だちに会ったので、まんまと更新が間に合わなかったのですが、裏技を使って間に合った感を出しました。

 

 

大人の世界へ一歩足を踏み出した形です。

 

 

そしてその友だちと新宿のコメダコーヒーに来ているんですが、最高です。

 

 

札幌の友だちと東京で会える

 

 

こんな最高なことあるんですかね?

 

 

そう思いながら眠りにつくのです。

 

 

北海道→東京

f:id:bokunarino:20170329230407j:image

 

こんばんは

先刻愛する北の大地から旅立ち、飛行機の中でブログを書いていました僕です。

 

 

高度1万メートルで書くブログはなんて優雅なんだろうか、はは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ははは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は今日札幌を離れましたッ(号泣)

 

 

 

 

 

 

今までにもかれこれ何回か東京に行きそうになりながらも行かなかったんですが、ついにこの歳になって上京しました。

 

1回目はバンドで東京に行きそうになったんですが、その時は高校生だったのでやめました。

 

いや、ホントはもう少し深い理由があるんですが、総括するとまぁやはり高校生に東京は早いと思いました。

 

まだあの頃の音楽性では絶対2ndアルバムらへんでコケていたと思うので、賢明だったと思っています。

 

続く2回目の機会は大学でKO大学のHO学部に行こうと思っていたんですが、これは親と相談し、一人暮らししたら死ぬって言われて、なるほどその通りだと思ってやめました。

 

もし僕が生命力強めの男子だったら、今頃慶應boyになっていて、おそらく渋谷でDJをしていたと思うので、僕としては温室育ちのもやしっ子で良かったです。

 

 

僕にはベースがぴったりなのです。

 

 

そして今回3回目にして、マンヲジシテ東京デビューしました。

 

正直行くって決まってから、色んな人に送別会をしてもらったんですが、全然実感が湧いてこなくて、「いやw 余裕でしょw 大袈裟すぎww」って思っていました。

 

 

しかしながら昨日から今日にかけて、とんでもないぐらいのシック感に見舞われました。(急変)

 

 

おそらく幼稚園時代に好きだったかおりちゃん(実名)と、引越しを機に会えなくなったときぐらいの衝撃だったと思います。

 

 

 

てゆーか幼稚園でそんなロマンスがあるっておませですよね。我ながら。

 

 

その頃の僕は愛はおろか、その別れというものがなんたるかを理解していなかったんですが、いよいよもう大人なのでわかります。

 

 

 

 

とてもつらい!!

 

 

 

でもその分帰ってきたら沢山遊べるので、それを楽しみに頑張ります。

 

なので泣きません。

 

女の子は泣かない。って曲いいですよね。

 

男の子も泣きません。

 

負けてられないからです。

 

 

 

 

最近このブログでもだいぶ僕の被っていた猫が失踪し始めています。

 

こういう自由なスタンスで書くのが好きだし、何かを書いたり読んでいるときは割と無になれるので、これからもブログを更新し続けていきたいと思います。

 

あと地味にブログを読んでくれている方が多く、ブロガー諸兄たちだけではなく、現実の世界でも密に関わりがある人もガンガン読んでくれているので照れます。

 

 

こんな緩急様々な内容を更新していくブログを読みに来てくれて僕は嬉しいです。

 

なのでやはりこれからも更新していきます。

 

そういえば忙しいとき用に過去の記事をストックしていたので、機会があればそれらも更新しますね。

 

あと写真もちゃんと毎日撮って日々成長したいです。

 

もしかしたら写真も楽しみにしてるよ!なんて方もいたら嬉しいので、ちゃんと撮ります。

 

 

このようにしっかりとした読書サービスも怠らない男"僕"をこれからもよろしくお願いします。

 

f:id:bokunarino:20170329230714j:image

(今回は珍しく夜景なのでサブ機のRX100で撮りました。上の画像と2万個ぐらい間違いがあるので探してみてください)