カプログ

IT企業でSEOプランナーなどをしながら、カメラマン、クリエイターもしている古着とカフェが好きなボクのブログです。主にガジェットやカメラ、ライフハック系の記事を書いているのでぜひ読んでみてください。

お悩み相談への回答|学生時代やって良かったこと、やればよかったこと

f:id:bokunarino:20180623062432j:image

 

この前2記事ほどトレンド記事を書いたら流入が増えて満足したので、今日は少し別の切り口から記事を書いていこうと思います。

 

最近はSNSも使うようになって、Twitterの固定投稿をプロフィール記事にしてみたところ、ぼちぼち連絡を貰えるようになりました。

 

そして、先日ついに仕事の依頼以外に悩める女子大生からお悩み相談が寄せられたので、今回はそのお悩みについて記事で回答していきます(※本人了承済み)

 

※ちなみに下の記事を読んで連絡をくれました↓

 

caplog.hatenablog.jp

 

 

今回のお悩みの内容

 

それでは早速お悩みの内容ですが、以下DMで送ってきてくれた原文を掲載します。

 

お忙しい中ありがとうございます!
ブログを読んでみて、色々なことをやってらっしゃるなぁ、というのが第一の感想でした。自分の好きなことに一生懸命なところが素敵だなぁと思いました!
そこで、良ければアドバイスを頂きたいのですが…
私は今年大学生なりました。憧れてた大学生なのですが、自分のやりたいことが何なのか分からず、行動力もあまりある方ではなく…。正直このままだと何もしないまま4年間あっという間に過ぎてしまいそうで…。
りょーたさんは、大学生の間にこれをやっていて良かったなぁ、とか、これはやっておくべきだった、など思うことはありますか?
気軽に、簡単に答えていただいて大丈夫ですので、教えていただきたいです…!
長々とすいません🙇‍♀️🙇‍♀️

 

という内容だったのですが、これは割と多くの大学生にとっても気になることだろうと思ったので、今回は記事として答えていきます。

 

今回のお悩みに対する回答の前に

 

お悩みの回答の前に1つ思ったことがあり、きっとこの相談者の方は成功するだろうなぁというのが僕の所感です。

 

なぜなら、行動力があまりないことを自分の弱みとして挙げているのですが、相談するという行動をしているので、既にこの弱点は克服できており、行動できれば基本どうにかなるので、もうどうにかなったも同然です。

 

また、大学1年生の段階でこの危機感を持てているところも優秀なポイントで、正直なところ時間と行動力があれば、あとはやりたいことが定めるだけなので、そこは自分の価値観とのすり合わせが必要になるでしょう。

 

お悩みに対する回答

 

さて、ここからが本題ですが、大学生の間に

①これはやっていて良かったなぁ

②これはやっておくべきだった

という2点のご質問に答えていきます。

 

大学生の間にやっておいてよかったこと

 

概念的になってしまいますが、計画を立てるということはやっていて良かったことだと思います。

 

入学当初から1年生〜4年生までの大枠のシナリオを組んで、そのゴールイメージから逆算して、いくということは最初にやりました。

 

つまりどういうことかというと、4年生でこんな風になりたい!という目標を立てておけば、そのためには3年生までにこれをしとこう、2年生ならこれ、1年生のときはこれをやるという道筋ができるというわけです。

 

僕は割と中盤から起業をゴールに考えていたので、1年生は遊びながら人脈形成、2年生はバイトをしながらできた人脈を広げる、3年生では学業に専念する、4年生では何らかの形で人脈と自分のできることを繋げたサービスの開発みたいなことをざっくり考えていました。

 

その結果として、このイメージ通りにはいかなかったものの、広げた人脈づてに仕事を貰って、起業した友だちの会社にアサインされるというとこまではいけたので、総じていうと学生の時点でスタートアップの経験ができたのがよかったです。

 

ただ、ここまで書いていて思ったんですが、これは割と特殊ケースなので、この流れというよりも、大事でありやっていて良かったのは「4年間の計画を立てる」ということです。(就活でも話しやすくなるのでおすすめ)

 

そして大学にいる4年間のうちの早いタイミングで、就活をするかしないかを考えておくのが良いと思います。

 

就活をしないのであればそのような計画を立て、するのであれば便利になるような計画を立てておくと、おそらく1年生から考えておけば行きたい企業に行ける人になっていることでしょう。

 

あとは参考までにやってたバイトなどの一覧です。

  1. 無印良品(衣服の販売・英語接客)
  2. テレアポ(発信して予約を取る)
  3. 靴下屋(靴下を売る・商品撮り)
  4. クラブスタッフ(ドリンク出したり)
  5. 人材派遣会社(派遣する側・人の管理)

やっておけばよかったことにも関わってくるんですが、そのバイトごとにどんなスキルを得たいかまで考えられていたらよかったな〜って気持ちはあります。

 

大学生のうちにやっておけばよかったこと

 

続いてこちらの質問に対する回答ですが、一言でいうともっと色々な経験を積みたかったということですね。

 

社会人になってからも(残業とかがない会社に入れば)割と好きなことはできますが、学生時代と比べると圧倒的に時間の制約が増えます。

 

ましてや就職のために家を出て一人暮らしとかすると絶望的に時間がなくなるので、時間が確保できるときに好きなことをやるのが1番です。

 

そしてやっておけばよかったことリストは

  1. 勉強(読書、体系的な勉強)
  2. 海外旅行(インドとか遠めのとこ)
  3. プログラミング(広く浅く仕組みの理解)
  4. 家事(一人暮らしがしんどかったので笑)
  5. 起業(学生起業のリスクの少なさたるや)
  6. スキルに直結するバイト

とかですかね。けっこう頑張っていたつもりでも洗い出したら色々出てきました。

 

個人的には大学院の進学は最後まで迷ったんですが、とりあえず後悔はしないように生きたいので、やっておけばよかったと思いつつも、もう割り切ったものたちです。

 

しかし、これから大学生になるタイミングの自分にはぜひこれぐらいはやっときなって言いたい内容なので、参考になれば嬉しいです。

 

おわりに

 

書いてみたら文字ばかりでけっこうしんどい記事になっちゃいましたが、やっていて良かったことと、やっておけばよかったことという観点からはこんな回答になります。

 

途中でも触れましたが、割と特殊なタイプなのであまり参考にはならないかも知れませんが、比較対象というか、こんなやつもいるんだなっていうサンプルの1つになれば幸いです。

 

割と大学で何をすれば良いか迷うっていうニーズとかは多そうなので、自分以外の人にも聞いて簡易なミニサイトを作りたいね〜って話しているところだったので、とても良い題材となりました。

 

ちょくちょく記事は真面目に書いていますが、本体はアホ丸出しなので、これからも引き続き何卒よろおねです。

 

この他にも色々なお問い合わせに対応できるので、ぜひ何かあればコメントやメッセージをお送りください。それではまた。 

 

 

caplog.hatenablog.jp