カプログ

IT企業で働くボクによる、カメラややっていることや、アマゾンでのおすすめ商品を紹介するブログです。気軽なものから詳しいものまで幅広く書いているので、ぜひ読んでみて下さい。

カフェの企画を練りつつ、プロモーションの事例も生み出したい話

f:id:bokunarino:20180501220136j:image

 

4/21から等々力にあるカフェ、オモンパカルにて個展を開催させてもらえている関係で、4/29はカフェの1日店長を任せてもらえました僕です。

 

無印良品や靴下屋などでの接客経験があったので、なんとか8時間のフルタイムを健やかに終えることができました。(最初は緊張しておしっこちびった)

 

カフェの1日店長という体験を通して、やっぱりカフェの経営に携わりたい、というか、よりスペースとしての活用の未来を認識できました。

 

そこで、最近考えている「スペースとしてのカフェ企画」を作るモチベーションと、プロモーションの事例について、頭の整理がてらざっくりと書いていこうと思います。

 

スペースとしてのカフェ企画について

f:id:bokunarino:20180504102554j:image

まずは、カフェをスペースとして活用する際の企画についてです。

 

「交流の場」としての提供以外にも、オンラインとオフラインを繋ぐ架け橋としての機能も持たせることができ、何より◯◯×カフェという掛け合わせは、もはや鉄板ともいえるカフェの活用事例でしょう。

 

ただ、実際に経験してみるとここにはまだ灯台下暗しともいえる活用法が残っていたので、今回はそこに自分の能力をかけ合わせたオリジナルの企画を立てようと思っています。

 

ちょっとずつ、ではなく割りとしっかりプランを進めだしたので、もう少し形になってきたらブログかTwitterでもご報告できればと思います。

 

プロモーションについて

f:id:bokunarino:20180504102928j:image

こちらの方が即効性があるという見立てなのですが、実際に自分の拡散力を高めることで、カフェのコンサルとして入り込むのではなく、プロモーションの支援をするというものです。

 

具体的には今回やっているような個展などのイベントを開催して、告知・集客の面で協力するという方法を考えています。

 

これであればお互いにWin−Winの関係を築くことができ、比較的コスト面での負担が少ないので、割と早急に資料とかを作成してちゃんと具体化したいです。

 

おわりに

f:id:bokunarino:20180504104141j:image

昨今食べログや、カフェのまとめサイトが乱立しており、またカフェログとして、カフェスナップというカフェ専門のSNSができたりしています。

 

ただSNSで言うと、ユーザー認知もさることながら、オーナー層に知られていなくて、上手く活用ができていない現状も見えてきました。

 

そこで、小回りの効く個人の活動には、これから個に回帰(かっこよくと個人がエンフォース)していく流れの中で、差別化する際には利があるので、テンポよくやっていきたいです。

 

このブログもある程度の読者がいて、発信としては意味のあるものだと思っているので、もっと活用しようと思います。それではまた。