カプログ

気ままな読み物

WECODOのSDカードリーダーが便利|撮った写真をすぐ転送したい人必見!

 f:id:bokunarino:20170930171510j:image

Amazonで購入した【WECODOのSDカードリーダー】が想像以上に便利だったので、ブログにて紹介しようと思います。

 

結論からいうと、このSDカードリーダーは僕の望んでいた製品でした。同じようにカメラで撮った写真をすぐにスマホiPhoneにも対応)に転送したい人に向けて、実際に使ってみての感想を紹介します。

 

興味を持った人は下に商品リンクを貼って置くので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

WECODOのSDカードリーダーについて

f:id:bokunarino:20170930171543j:image

 

 

今回僕がAmazonで買ったSDカードリーダーなんですが、そもそもどんなものなのかというところから順に書いていきます。

 

その後で、メリット・デメリットなども紹介していくのでお付き合いください。

 

SDカードリーダーとは

SDカードリーダーとは、その名の通りSDカードをリード(読み込み)してくれるデバイスです。SDカードリーダーって名前なのに、SDカードのデータをリードしてくれなかったら困るよねって話ではあるんですが笑(ゲシュタルト崩壊

 

ドキュメントデータなどを読み込むこともあれど、概ね写真データの読み込みがメインだと思います。

 

タイプは大別すると2つあって、まずはPCにデータを転送するタイプと、今回紹介するようにスマホに直接送るタイプの2つです。

 

WECODOのSDカードリーダーのメリット

f:id:bokunarino:20170930170406j:image

アプリが不要

このカードリーダーは、撮った写真をスマホにそのまま送ることができるので便利です。

 

ただそれならWifi機能付きの買えばいいじゃんって思うかもしれませんが、Wifi機能が付くと高くなったり、ちょっと前のカメラにはWifi機能が基本実装されていなかったといいう背景があります。

 

なのでそのような場合には従来であればFlashAirを使うのが基本的な解決策でした。

 

 

しかし、FlashAir自体は素晴らしい製品なので、僕も実際に使ってはいるんですが、アプリに接続しなくてはいけないというデメリットがあります。

 

というのも、このアプリがなかなかの曲者で、最近10枚以上のデータがあると一旦落ちてしまうなどの不具合が生じていたのです。

 

そんなときに、アプリ不要でデータを取り込めるSDカードリーダーの存在を知ったので、さっそく買ってみたというわけです。

 

アプリなしってあまりイメージがつかないと思うので、以下動画をアップロードしておいたので、実際に見て凄さを体感してみてください。

 

 

iPhoneにも対応している

AndroidであればすでにmicroUSB対応のカードリーダーで解決すると思いますが、今回の製品はなんとiPhoneに対応していたのが決めてでした。

 

後述しますが、iPhoneに対応している純正品は結構いいお値段なので、新卒の僕は二の足を踏んでしまいました。

 

しかし、この度廉価版でiPhoneにも対応しているというので、これは買いだと思ったわけです。

 

純正のものよりリーズナブル

いわゆるサードパーティ的な感じなので、Appleの純正のカメラケーブルよりもお安いのがメリットです。

 

たまに安い製品はなんで安いの? って疑問を持つ人がいる(たまに聞かれる)と思うんですが、だいたいブランドなどの要因や、マーケティングコスト(広告費など)、もしくは競合などがいて差別化をしているといったところが原因だと思います。

 

たしかに純正品といえば安心感がありますが、意外と宣伝していないものは広告費の分を製作に回しているケースもあるので、一概に安い=悪ではないという認識も必要だと思っている次第です。(ゆーて普通に廉価版作ったろwみたいな場合もあると思いますが笑)

 

WECODOのSDカードリーダーのデメリット

f:id:bokunarino:20170930171735j:image

おすすめとして紹介している以上、あまりデメリットがないから紹介しているのですが、ただデメリットもないわけではないので、ここで2点ほど挙げておきます。

 

読み込んでくれるが、書き込んではくれない

これができたら最強だと思っていて、期待はしていなかったのですが、やはり書き込みはできませんでした。(正直ちょっと期待はしていた)

 

つまるところ、カメラのデータは読み取ってくれるんですが、スマホのデータをSDカードに書き出してはくれないのです。

 

これはアプリを使っていないところによるメリット・デメリットの交換だと思います。世の中そう上手くはいきませんが、ただ圧巻の速さで読み込んでくれるだけでよしとしましょう、やすいし!

 

データ量が多いと読み込みに時間がかかる

接続すると、一旦SDカード内のすべてのデータを読み込んでくれます。そこから必要なデータを選んで転送するんですが、最初に入っているデータ量が多すぎると読み込みに時間がかかります。

 

体感ですが、16GBマックスで撮りためていると、数分かかります笑 しかし、予備のメモリーカードなどに移し、1GBとかの容量にしておくと音速で読み込んでくれてストレルレスです。

 

もし買ってみたけど上手くいかないってお悩みの方は、中のデータ量を少し減らしてあげるといいかもしれません。

 

まとめ 

f:id:bokunarino:20170930223029j:image

これにて伝えたいことはすべて伝えた感じです。途中に埋め込んでおいた動画とかを見てもらえたらわかると思うんですが、アプリを介さないって非常に気持ちいです。

 

というのも、ほぼありえない事例ではありますが、アプリ経由でデータを抜けないこともないと思うので、あまり無闇にカメラロールへアクセスされたくないというセキュリティ面の安心も買えると思うと、この価格では安すぎるなと言った感想です。

 

ちなみに上向きに挿入するとiPhone、下に挿入するとAndroid端末で使えるので、その場ですぐにiPhoneじゃない端末を使っている人にデータを共有できるのも個人的に気に入ったポイントです。

 

それでは以上のメリット・デメリットを踏まえてちょっとどんなものか見てみたいって思ってくれた方は、以下のリンクから確認してみてください。