カプログ

気ままな読み物

銀座一美味しいモンブランを食べてきた話

f:id:bokunarino:20170629205204j:image

 

 つい先日の話ですが、銀座で一番美味しいという文字を掲げたモンブランのお店を発見した僕ら一行は、思考する間もなくお店の中に誘い込まれました。

 

そこに広がる夢のようなロマンティックな空間は、これから運ばれてくる幸福を暗示するかのようでした。

 

 

数分ほど経ったであろうか、奥からやってきたのは、ちょいとしたハタを立てたモンブラン

 

その山のようないでたちとは裏腹に、中には可愛さを秘めているときたものです。

 

 

いてもたってもいられない。

 

 

その山にスプーンを入れました。

 

 

 

瞬間、山は崩れ、口の中へと運ばれるー

 

 

 

 

それ以降のことは言うまでもなく、脳内に浮かんだ言葉は、

 

 

 

美味なり。

 

 

 

ただその一言に尽きたのでした。