カプログ

気ままな読み物

ブルーボトルコーヒーを求めて1

f:id:bokunarino:20170530010938j:image

 

ブルーボトルコーヒーといえば、サードウェーブ、サードウェーブといえばブルーボトルコーヒー、僕といえば僕。 どうも、僕ボト・ル・サードウェーブ・コーヒーです。コーヒーの妖精やってます。

 

冒頭からブルーボトルコーヒーサードウェーブを代表するということ以外は嘘ですが、今回はブルーボトルコーヒーについて書こう、と思ったのですが!

 

なんと混み過ぎていたから断念したので、今回は遠目から見て、あゝぶるぅぼとるよって思っただけという報告です。

 

しかし、たまにはこんなことがあってもいいと思うのです。

 

いつもがいつもレビューに成功するわけではないからこそ、レビューの価値が上がる、という形で自己正当化し、それっぽいことを言い終えたので今日は退散します。

 

 

東京は暑いです。

 

 

チャリを探す旅もいよいよ終わるので、なんだか嬉しいような、寂しいような。

 

そんな感じで、それでは、また!

 

広告を非表示にする