読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カプログ

気ままな読み物

意外と当たりやすい?ちびまる子ちゃんのスクラッチで特別賞が当たった話

f:id:bokunarino:20170305120126j:image

 

こんにちは

 

普段はギャンブル(パチンコや競馬)とは無縁の生活を送っている僕です。

 

ですがたま〜に気が向くと宝クジを買うんですが、買ったらだいたい5000円当たるということが続き、結果的に収支でそこそこのプラスになったので、宝クジだけは定期的に続けています。

 

さて今回はそんな宝クジの話を。

 

宝クジと僕と

 

くだらないですが、宝クジと僕との小話を少々。

 

その日はある大安の日だったんですが、友人と映画を観に行こうとする僕氏。

 

そこでふと前に買った宝クジが5000円当たったことを思い出し、映画の前に買ってみようぜと友人に購入を勧める僕。

 

しかし現実はそう上手くいかず、2回目の宝クジを買うも僕らは当たることはできず。

 

そしてとほほと思いながら帰ろうとするとマダムに話しかけられました。

 

「「君たち宝クジは初めて??」」

 

こ、コイツ脳内に直接!? とかいうものではなくダイレクトに話しかけられたんですが、丁寧に2回目です、と答えました。

 

そしてまだまだビギナーだと判断された僕らはそのマダムから出資を受けることに。

 

「なんか楽しそうに削ってるの見たら一緒に削りたくなっちゃった」とマダム。

 

僕らに2000円ぐらい?かな?くれたので、2人で宝クジを買いに並びました。

 

そして結果最後の1枚で5000円を当て奴の僕。

 

マダムはにっこりとした顔で「やったじゃない」と言ってくれました。

 

マ、マダム!と思って当たった宝クジを渡そうと思ったら「いいの」とマダム。

 

マ、マダム!?

 

そしてそのあと今日はいい日だからランチでもどう?とマダムに誘われる宝クジボーイズの僕ら。

 

圧倒的ご恩によりついて行きました。

 

マダム御用達のお店でランチをご馳走になるという、なんとも言えない展開になりましたが、ランチを食べていると

 

「2人は◯◯教って知ってる?」

 

とマダム。

 

マ、マダム!?

 

 

 

そうです、そのマダムは宗教の勧誘を行なっていたマダムなのでした。

 

そしてそこからは怒涛の勧誘ラッシュ!

 

危うく総本山に連れて行かれそうになりましたが、なんとか耐えて、これから映画を見るのでの一点ばりで窮地を脱しました。

 

このことを僕らは時給5000円+昼食の仕事をしたと捉えていて、その足で実質無料になった映画を楽しみました。

 

クラッチは当たりやすい

 

さて、とんでもなく長くくだらない小話をしたので、ここからは少し有益な情報を。

 

宝クジを買う前にオススメなのは、まず収支表を作ることです。

 

これにより過度なお金遣いを避けることができるので、ぜひ見える化した方がいいと思います。

 

そして1発デカいのを当てるぜ!っていうよりは、それよりもスクラッチの方が期待値がかなり高いので、僕はスクラッチをオススメします。

 

というか普通の宝クジは買ったことがないので、なんとも言えませんが、とりあえずスクラッチはほぼ当たっているので、気が向いたら運試しぐらいの気持ちで買ってみると楽しいかも知れません。

 

あとは買い方として、10枚1setで買う方がいいと思います。

 

なぜならそうすることによって10%返ってくるようにできているからです。

 

200×10=2000円ですが、この際1番小さい当たりの200円が当たるので、1800円で買える計算になります。

 

これを地道に続けていくといいと思います。

 

おわりに

 

今回は宝クジについて書きましたが、ハマり過ぎには注意が必要です。

 

こういうことは程々にという精神でやるのが1番ですね。

 

あと西日本では3/1〜3/17の期間に発売されているスクラッチクジには特別賞があるので、ぜひこの期間に狙って買ってみるといいと思います。

 

僕はこれからこの特別賞の時にしか買わないことにしようと思っています。

 

それぐらい特別賞は当たりやすいので、全体的なギャンブルから見たら期待値が低いものの、ワクワクできるし寄付もできる宝クジはいかがでしょうか?

 

まとめ

  1. 収支表を作ろう
  2. 買うならスクラッチがオススメ
  3. 期間は特別賞があるときに!

 

あと宝クジと言えば1番衝撃的な文学作品があるので、興味がある方は下記のリンクから見てみてください。(※英語の小説です)

 

大学の講義で取り扱った本の中で、今でも話のタネになる話題作です。

 

The Lottery (Penguin Modern Classics)

The Lottery (Penguin Modern Classics)