カプログ

気ままな読み物

台湾2日目「名所ツアー」

f:id:bokunarino:20170224124953j:image

 

 

 

こんばんは

 

今日は元気に台湾2日目を振り返っていこうと思います僕です。

 

やっと落ち着いてきたので不在中のブログを読み終えることができて清々しい気持ちです。

 

ちなみにこの清々しいという漢字をきよきよしいって読み間違っていた友だちのことは今でも覚えています。

 

名所ツアー

 

この日は5日中、唯一の1日中ツアーをする日でした。

 

10ヶ所の観光地+αに行ったので、その中からハイライトを振り返っていきます。

 

この日は朝7時に出発するという子どもの運動会よりも早いスタートダッシュを決めるため、早く寝なければいけなかったんですが、修学旅行ごっこが過熱し、ほぼ不眠の状態で朝食会場へ向かう僕ら。

 

 f:id:bokunarino:20170225190723j:image

 

朝食はバイキング形式だったので、普段あまり朝食を食べない現代人の僕でも、ここぞとばかりにご当地食材を胃に詰め込みました。

 

そしてバスに乗り込み、他のツアー客の方々と、昨日とは違うガイドさんとともに旅に出ました。

 

f:id:bokunarino:20170224125956j:image

 

この日のツアーでは歴史的建造物シリーズを制覇すべく、1ヶ所につき30〜60分ぐらい観光していくことになりました。

 

お茶のところ

 f:id:bokunarino:20170225190819j:image

 

朝イチということで、まずはお茶で目を覚ましましょうね〜という心遣いのもと、熱湯で沸かしたお茶で目を覚ますことに。

 

お茶処の「茶」の文字の主張もさることながら、お茶の先生もテレビショッピングのような実演スタイルでお茶を勧めてきました。

 

あとお茶の先生が注ぐときにこぼしたお湯が、お茶を運ぶおばちゃんの手にめっちゃかかったりしているのを見て笑いました。

 

しかも飲みきったと思ったらわんこそばと同じ要領で無限にお茶が出てくるので、お茶地獄に陥っている人もいてなかなかカオスでしたが、正直本当にお茶は美味しかったです。

 

行天宮

 f:id:bokunarino:20170225190900j:image

 

お茶ですっきり目を覚ました後はまた名所巡りに戻り、行天宮っていうところに行ったんですが、ここはすごく由緒正しいオーラでいっぱいでした。

 

この日は合計3つぐらいのこういった歴史的建造物を見たんですが、最初だったのでインパクト大でした。

 

他の建造物はこのブログの1番上に貼った写真の中正堂っていうところと、最後に行った場所は建物に名前が書いてある方を撮ってなかったから不明なんですが、兵士が闊歩していました。

 

ディンタイフォン

 

f:id:bokunarino:20170224233338j:image

 

この後昼食を食べた後に博物館に行ったり、色々な場所を巡り、最後にディンタイフォンという有名な小籠包を食べてきました。

 

ここが台湾で食べた食事の中で、ダントツで美味しかったです。

 

台湾の郷土料理に使われるソースは、残念ながらちょっと口に合わなかったんですが、そのソースがかかっていない食べ物は全部美味しかったです。

 

でもその中でもこのディンタイフォンのショウロンポウは群を抜いて美味しかったので、行く機会があればとってもオススメです。

 

おわりに

 

この日は観光地巡りをして、1番最後にディンタイフォンで〆るという最強の1日でした。

 

ちなみにこのショウロンポウは元々ツアーについていなかったんですが、飛行機の時間ミスかなんかのお詫びとしてツアー会社がつけてくれたサービスでした。

 

通称詫び飯というやつですが、奇しくもこの詫び飯が1番美味しかったという結果に終わりました。

 

ここまでのポイント

  1. 換金は現地の方が良い
  2. ルーターは空港の方が安い
  3. ディンタイフォンは美味しい
広告を非表示にする