カプログ

気ままな読み物

初めてのカメラにオススメ『SONY RX100』:一眼のサブ機として現役活躍中!

f:id:bokunarino:20170203143753j:image

 

  

今日は持っているカメラの紹介シリーズの締めくくりとして、僕が1番最初に買ったSONY RX100というカメラについて書いていきます。

 

このRX100というカメラは、コンパクトデジタルカメラこと、コンデジというやつで、一眼レフとはまた別の分類に属します。

 

今日はまずRX100の紹介の前に、まずはコンデジについて書いていきます。

 

f:id:bokunarino:20170204095912j:image

(Book And Bed TokyoにてRX100で撮影)

 

RX100も含まれているコンデジというジャンル

 

デジタルカメラは大きく分けると、一眼レフ機と、ミラーレス機と、コンデジという3つに分けられます。

 

そしてその中でもコンデジは、その名の通り1番コンパクトです。(直球)

 

また一眼レフ機とミラーレス機と比べて、コンデジの大きな違いは、レンズが変えられないことが挙げられます。

 

ですがレンズが交換できない代わりに、小さくて持ち運びやすく、またレンズを取り替えなくてもズームができるので、1つの機種だけでかなり幅広い撮影に対応できます。

 

最近のコンデジの発展は目まぐるしく、僕が今回紹介するRX100は高級コンデジという部類に属しています。

 

コンデジの概要

  • 小さい(コンパクト)
  • レンズが変えられない
  • 素数などは上がって来ている(iPhoneの2倍以上のものも)

 

RX100について

 

さて、やっとカメラの大まかな分類を終えて、本題であるRX100についてです。

 

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

 

 

基本的なスペック(性能や重さなど)については上に貼ったAmazonさんの詳細の部分を参照してもらうとして、いつも通り僕は、内容を噛み砕いてやんわりと紹介していきます。

 

まずこの機種は、前述の通りコンデジの中でも高級コンデジという部類に入る、高性能なコンデジ

 

価格帯は他のコンデジと比べると、およそ2倍以上、機種によっては約3倍ぐらいって感じです。

 

その高級・高性能さ故にRX100には「ネオ一眼」という二つ名がついているんですが、かなり的を射ている表現だと感じました。

 

この機種はSONYのRXシリーズの初号機(無印)で、RX100以降は、RX200、RX300というような数字の進化ではなく、RX100 llとかRX100 lllっていう後ろの数字が増えるタイプの進化を遂げてきました。

 

現行モデルはRX100 Vという5代目まで出ているので、3代目のグループよりも2代ほどお兄さんということになります。

 

各モデルごとに性能は変わるんですが、僕は個人的にRX100の無印こと初代で十分だと思います。

 

なぜならRX100の段階で、ほとんど必要な機能(Wifiを除く)は搭載されているからです。

 

RX100以降のモデルには、もちろん魅力的な機能が多数備わってくるんですが、いかんせんお値段が上がってしまう(現行機のVは2017年2/3時点で10万円を超えてしまう)ので、今では価格がこなれてきたRX100の方がおすすめです。

 

しかしWi-Fiは出来ればどころかとても欲しいのですが、それは別売りのFlashAirというメモリーカードを使えば使用可能になるので、RX100 llを買うよりも少しお安いRX100を買って、後からこのメモリーカードを使ったほうが価格は抑えらるのでおすすめ。

 

 

 

 僕もこのFlashAirユーザーなんですが、アプリも優秀なので、お店で買う際には、ぜひカメラを買ったときのポイントなどを使って一緒に手に入れて欲しい一品です。

 

RX100を使ってみての感想

 

僕はこのRX100をかれこれ2年間使っているのですが、未だにサブ機として現役活躍中です。つまるところこの機種は、一眼のフルサイズと比べてはもちろん遜色がないわけではありませんが、住み分けした結果、十分なメリットがあるということです。

 

この機種のいいところは、夜の撮影に強く、描写力が高く、いいボケ感も得られるのに、とっても軽くて簡単にカバンに忍ばせられるところだと思います。

 

あと電源をつけてからすぐに撮れるので、「撮りたい!」という気持ちになったらすぐ撮れるのもいいところ。

 

ってホントにべた褒めですが、正直価格も考慮すると非の打ち所はないというのが率直な感想です。

 

一眼レフには一眼レフの良さがありますが、同時にこの機種にはこの機種のいいところがあるので、どちらも重宝しています。

 

「しっかりとしたすみ分けができているな」って言うのが2年間使ってみての感想ですが、1年目は「マジでやばい」という感想しか持っていなかったので、僕のボキャブラリーの進化と、カメラへののめり込みを加速させた主犯はこのカメラだと思います。

 

f:id:bokunarino:20170203220657j:image

 

RX100のおすすめポイント

 

おすすめポイントはRX100についてのところでも挙げてきましたが、なんと言ってもこの持ち運びやすさとお値段でこんなに綺麗に撮れるなら、かなりの人は満足できると思います。

 

あとはこのカメラでカメラの基本的なことや構図などを学んで「やっぱり一眼が欲しい!」って思った時に、このカメラだとサブ機として十分活躍するのも大きなおすすめポイントです。

 

そしてモードもかなり沢山いじることができるし、RAWモードでも撮れるので、レタッチ(写真の編集)とかをしたいって思ったときにもできちゃうのがニクイです。

 

初めてカメラを持って感動して、更にカメラにのめり込んできたらもう一歩先までついてきてくれるので、本当にこのカメラからは色々学びました。

 

初めてのカメラにRX100を選んでよかったなって思うことばかりです。

 

RX100がおすすめな人

 

これらのことを踏まえて、この機種がおすすめな人は、僕みたいに初めてカメラを買う人や、いつもカメラを持ち運びたいんだけど、重いのはいやだという人ですね。

 

f:id:bokunarino:20170203220108j:image

 

地味に月とかも撮れちゃうので、iPhoneのカメラではもう満足できなくなったおませさんにもオススメです。

 

この写真は悟空に月を持たせてみた写真です。

 

おわりに

 

以上がこのRX100に対する僕のレビューなんですが、ちょっと2年分の思いを込めたラブレターみたいになってしまいましたが、本当に良いカメラだと思います。

 

もちろん2/16からの初めての海外のお供にもこいつは持っていく予定です。

 

それではいつもより長くなってしましましたが、少しでもこの機種の良さが伝われば嬉しいですし、購入を検討している人の参考になれば幸いです。

 

では最後に、2015年に撮ったクリスマスツリーの雑な写真と、それから1年後の去年2016年のクリスマスツリーの写真の成長ぐあいを貼って終わろうと思います。

 

f:id:bokunarino:20170203220118j:image

(SONY RX100で2015年の12月に撮影)

 

f:id:bokunarino:20170203220303j:image

(SONY RX100で2016年の12月に撮影)

 

最後にもうリンクを貼りますが、こんなキラキラした写真も撮れちゃうRX100をぜひチェックしてみてくださいね! 

 

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

 

 

 追記(2017年5月28日):RX100のメリットまとめ

 

  1. とにかく軽くて持ち運びやすいところ
  2. F値が1.8という非常に明るいレンズ*1を搭載しているところ
  3. 特に夜景にも強いところ(体感ですが非常に撮りやすいです)
  4. RAW撮影に対応しているところ
  5. 値段が上位モデルよりだいぶ下がってきたところ

以上になります。沢山の人がこの記事を読んでくれているおかげで、カメラのカテゴリーの中でも上位表示してもらえていて嬉しい限りです。ありがとうございます。

 

 

*1:明るいレンズ:F値が小さく明るく写るレンズのこと