カプログ

気ままな読み物

台湾4日目「猫の村ほうとんへ!」

f:id:bokunarino:20170226141950j:image

 

 

こんにちは

 

昨日調子に乗ってお香を焚いてみたら、空気清浄機によって一瞬で香りを吸われた僕です。

 

今日は一足お先に猫の日に紹介したほうとんについて、再び書いてみようと思います。(漢字は難しいのでひらがな表記にします)

 

ただ同じ写真を使って同じように紹介したら前に読んでくれた人は退屈になってしまうので、ちょっと写真を変えたり、前回とは違った形で紹介してみますので、お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

では早速

 

4日目の始まり

 

この日は流石に猫の村に行くには体力が必要だという賢明な判断のもと、というか単純に体力の消耗が激し過ぎたので、早めに寝て早く起きました。

 

やっと朝型の生活に慣れてきて、この日は優雅に朝食を食べたんですが、カメラの電池を入れ忘れていたので残念ながら朝食ショットは抜きです。

 

ただこの日は蒸しパン的なものが2種類に増えていて、それはお土産に持って帰りたいくらい美味しかったです。

 

そして朝食を終えて部屋で旅支度をしてから、今度はしっかりカメラに電池を入れほうとんを目指しました。

 

ほうとんへ

 

f:id:bokunarino:20170226131134j:image 

 

僕らが止まっていたホテルは忠孝敦化という駅から5分圏内の駅近ホテルで、台湾の有名なクラブも近かいし、コンビニなども立ち並ぶかなりの都会でした。

 

ただ地下鉄では行けないので、台鉄という鉄道に乗り換えなくては行けませんでした。

 

でも行き方はとても簡単で、とりあえず台北に向かえば良いので、巧みに乗り換えて台北に行きました。

 

f:id:bokunarino:20170226013032j:image

 

ちなみに台鉄の路線図はこんな感じなんですが、日本と似ていますよね。

 

しかしながら金額は「セール中なの?」ってぐらい安くて、ほうとんまではちょっと早いやつに乗っても67元で着くので、日本円にしてなんと201円。

 

もし僕が台湾に住んでいたら週4で猫村ことほうとんに通っていると思います。

 

あぶなかった〜

 

ほうとんに着いてから

 

f:id:bokunarino:20170226013215j:image

 

ほうとんに着くと、改札を出た後にすぐに歩道橋があり、ここが運命の分かれ道となります。

 

駅の表側に進むと廃墟と炭鉱があり、裏側に進むと猫村があります。

 

まぁ結果的にどちらにも沢山の猫がいたんですが、表側の猫はちょっとワイルドで、裏側の猫はお上品な感じがしたので、猫の世界にも階級のようなものはあるんだなぁって思いました。

 

ちなみに僕らは迷わず表側に行って、主に表側の世界を楽しんでいました。

 

ただ表側の方が自然が多く、すぐに川に降りることもできたので、他の観光客の人の多くもここで水切りなどして遊んでいました。

 

f:id:bokunarino:20170226013543j:image

 

すごくキャンプ場の匂いがしたんですが、青い鳥やイワサギと呼ばれるサギの一種もいたりして、なかなかに大興奮な川遊びになりました。

 

 f:id:bokunarino:20170226013938j:image

 

あとどのぐらい田舎なのかというと、この写真を見てわかるように、本当にど田舎です。

 

猫以外に見るものと言えば今しがた挙げた川と、そこから炭鉱へ繋がる橋と、その奥にあるトンネルと、あとは崩れた建物と、猫村ぐらいです。が全部見て回ると時間はあっという間に過ぎてしまいます。

 

ここは町の中のようなきらびやかさや派手さはありませんでしたが、静かに侘び寂びを楽しみたい人にはうってつけの場所だと思います。

 

f:id:bokunarino:20170226014252j:image

 

こんな風に侘び寂びの中に佇む猫もまた趣があってよかったです。

 

でも普通に日向ぼっこをして道端にコロコロ転がっている警戒心皆無な猫を見るだけでも本当に癒されるので、猫好きなら間違いなく行って損はないと思います。

 

 f:id:bokunarino:20170226014550j:image

 

おわりに

 

この日はだいたいほうとんで猫と戯れていました。

 

f:id:bokunarino:20170226130454j:image

 

帰りにナイトマーケットに寄っていったんですが、そこでは現地の無許可ナイトマーケッターの人たちと警察たちの攻防に巻き込まれて、映画さながらの緊迫感で"Follow me!!!"って言われて路地裏に行ったのはすごく楽しい経験でした。

 

本当にジャパニーズ忍者も見習わねばならないぐらいの高速移動でした。

 

そして次の日は朝6時集合だから寝ちゃだめだ寝ちゃだめだ寝ちゃだめだ…と某ゲリオンのパイロットのように呪文を唱えながら起きていました。

 

その際に24時間営業している書店で時間を潰していたんですが、台湾の書店は24時間開いているところもあるのは素晴らしいなと思いました。

 

中には苦学生やギャルだけでなく、ホームレスのおじいさんやいちゃいちゃアベックなど多様な人で溢れていました。

 

そして無事にオールをして、テンションだけはパリピと化した僕らは朝のバスを待ちつつ、買ってきたパパイヤを食べようとしたんですが、ハズレパパイヤのため食べられませんでした。

 

パパイヤ選びは慎重に。

 

ここまでのポイント

  1. 換金は現地の方が良い
  2. ルーターは空港の方が安い
  3. ディンタイフォンは美味しい
  4. 台北101は現地ではとても有名
  5. アイスモンスターは大きくて美味しい
  6. 九份に行くのは大変だけど行く価値あり
  7. 猫好きはほうとんへ
  8. 廃墟好きもほうとんへ
  9. ナイトマーケットは危険な香り
  10. 24時間営業の図書館がある
  11. 果物選びは慎重に
広告を非表示にする