カプログ

気ままな読み物

台湾3日目「台北101と、千と千尋で有名な九份の旅」

f:id:bokunarino:20170225220701j:image

 

 

こんばんは

 

今日は旅の中でもメインで行きたかった、千と千尋でお馴染みの九份について書きます。

 

ですが、九份に行く前に台湾の大都会にある台北101という、札幌でいうところのJRタワー、東京でいうところのスカイツリー、渋谷で言うところの109、六本木で言うところの六本木ヒルズのような場所にも行ったので、そこについても書いていきます。

 

台北101について

 

まずこの日もそこそこ早起きして朝食を食べたんですが、昨日の朝食メニューからマイナーチェンジしていました。

 

f:id:bokunarino:20170225213125j:image

 

そしてその朝食をぺろりとたいらげて、僕らが向かったのは大都市台北101です。

 

何故かと言うと九份では夜景が見たかったので、昼は他の所を観光しようと思ったからです。

 

そんなわけでホテルの最寄り駅から電車を乗り換えて目的地へ。

 

f:id:bokunarino:20170225213146j:image

 

見えてきました台湾の最強の砦、台北101...

 

流石にデカくてビビりましたが、近づいて真下から見上げてもとんでもない迫力でした。

 

f:id:bokunarino:20170225213458j:image

 

中には昨日行ったディンタイフォン台北101店があったんですが、パッと見でディズニーランドのアトラクションよりも並んでいたので、昨日行けたのは奇跡だったんだとちょっぴり感動しました。

 

そして他には高級ブランドの店もたくさん入っていたり、食べどころやお土産やさんなど目白押しでした。

 

途中のフロアにすごく近代的なフロアがあり、ジュリアナ世代や、パリピたちであれば踊り出しそうなネオンが散りばめられていました。

 

f:id:bokunarino:20170225215638j:image

 

この階で記念コインをゲットしたんですが、収集癖がある僕はこういうコインをすかさずゲットします。

 

あとこの台北101の近くにある台北市政府の中にある銀行で台湾ドルに換金したんですが、手数料に1000円かかるものの、レートは2.6円/台湾ドルだったので、複数人ならここで一気に換金してしまうとグッドだと思います。

 

ただ空港にもあるので、そちらでも国内で換金するよりは良いレートだったので、自分のニーズに合わせて選ぶと良いと思います。

 

f:id:bokunarino:20170225215355j:image

 

ちなみに外観はこんな感じなんですが、中に銀行もあるし、観光案内所もあるので、至れり尽くせりスポットでした。

 

あと観光案内所のおじいちゃんが可愛いしいい人だし、すっごく癒されました。 

 

アイスモンスターについて

 

あとはここから少しだけ歩くと微風という商業施設があり、そこの1階に入っているアイスモンスターというかき氷はとても美味しかったのでオススメです。

 

f:id:bokunarino:20170225220229j:image

 

ただ量がめちゃくちゃ多くて、全員お腹に200ダメージぐらい受けたので、2人で1個とかでもいいかも知れません。

 

現地の方は1人1個食べていましたが、観光客は無理せず2人1個がベターです。

 

悪いことは言いません。

 

僕は調子に乗ってお腹が死にました。

 

九份について

 

それではこの本題までなかなか長くなりましたが、いよいよ九份について書いていきます。

 

まず九份についてですが、 思ったより綺麗に見られる確率が低いようです。

 

あまりこの記載は見たことがなかったのでちゃんと書いておこうと思ったんですが、雨が8割、晴れ2割ぐらいのようです。

 

かなりの山間にあるので、行くのもなかなか難しく、終わりのバスもかなり混むらしいので、思ったより過酷で最初は諦めかけていたのですが、700元(2100円)でツアーのオプションで付けられると聞いて即決でつけました。

 

九份に行きたい場合はできるだけ何かのオプションなどでつけるかした方が得策のようです。

 

そして急なスコールの後に晴れることもあるので、雨具などの装備もあると良いです。

 

ですがそれらの困難を乗り越えた先には素晴らしい景色が見えるので、ぜひとも行ってみてほしい場所でした。

 

f:id:bokunarino:20170225222319j:image

 

入り口付近で観光客が1番多かったスポットでの1枚ですが、本当に思った通りの場所でした。

 

あとは湯婆婆の屋敷のモデルになったとして有名になったお茶屋さんは、実際に中に入ることもできるので、ぜひとも内装も見てみてほしいです。

 

f:id:bokunarino:20170225222529j:image

 

九份にもたくさんのお土産屋さんがあるので、九份ならではのお土産を買うのもまた一興だと思います。

 

おわりに

 

今回は昨日の名所とはまた毛色の違った有名どころ2ヶ所を紹介してみました。

 

台湾はなかなかに見所が多いので本当に楽しみたかったら「4泊5日ではぜんぜん足りないな」って思いました。

 

明日紹介する猴硐(ホウトン)という場所も含め、近いようで移動に時間がかかる場合が多いので、そこも注意が必要ですが、事前に確認しておけば通過点で色々と見て回れるので、僕らの通ったコースが何かの参考になれば幸いです。

 

それではまた明日!

 

ここまでのポイント

  1. 換金は現地の方が良い
  2. ルーターは空港の方が安い
  3. ディンタイフォンは美味しい
  4. 台北101は現地ではとても有名
  5. アイスモンスターは大きくて美味しい
  6. 九份に行くのは意外と大変だけど行く価値あり